みちのくグループ 求人サイト 080-8213-6014メールお問合せ

分院長・開業希望の先生へ

みちのくグループで分院長をやってみませんか?
みちのくグループに入って開業してみませんか??

そろそろ開業しようかな・・・
そろそろもう少し経営などの勉強もできる分院長を考えたい・・・
勤務医だけの日々が物足りない・・・

みちのくグループイメージ

そう言った悩みをお持ちの先生へ。
ぜひみちのくグループで分院長や、グループに入る形での開業をしてみませんか??
当グループでは、自分一人でいきなり開業してしまう前に、必ず分院長やグループのバックアップの下での開業を強くお勧めします!

なぜなら開業には“大きな借金”と“経営者としての様々な責任”が大きく院長先生の肩にのしかかってくるからなんです。

自分一人で開業した後は、それはとても孤独です。
常に労務・経営・接客といった、先生方が一番苦手な問題が続発します。

むしろ診療については勤務医のころのほうが集中できるといっても過言ではありません。

『個人事業主になる=社長になる』これが開業なのです。

みちのくグループでは、夢を持って開業された先生が志半ばにして閉院や倒産していくケースを数多く目の当たりにしてきました。

何故なら、そういった先生方のクリニックの買取りや居ぬき譲渡希望の話が、毎日全国からみちのくグループの下に相談として舞い込んでくるからです。

『開業したからには、絶対に勝ち組になってほしい。倒産や閉院なんかして欲しくない。』

その思いから、みちのくグループでは勤務医の先生には必ず分院長まで経験してもらってから卒業…というキャリアパスを取ってもらっています。

もちろん“開業する気がないよ!”という先生には、終身雇用のコースも用意しています。


みちのくグループの面接・見学から分院長・開業までの流れ

みちのくグループの面接・見学から分院長・開業までの流れ

みちのくグループの凄い所

その1 「みちのくのれん分けシステム」

自分が分院長として担当したクリニックを、譲渡買取りができる!

みちのくグループの凄い所は、『自分が分院長として担当したクリニックを、譲渡買取りができる!』という『みちのくのれん分けシステム』があるのです!!

既に何人かの分院長が、この方法で開業しています。このシステムのメリットは、言わずもがなです。

みちのくのれん分けシステムのメリット

などなど、数え切れません。

その2 「みちのく勝ち組物件紹介システム」

全国の不動産物件のネットワークを駆使したみちのく独自の開業物件紹介システム

もう一つのみちのくグループの凄さは『全国の不動産物件のネットワーク』です。
そのネットワークを駆使したみちのく独自の開業物件紹介システムを『みちのく勝ち組物件紹介システム』と言います。

みちのくにはこんな優良開業物件が、全国の提携業者からぞくぞく舞い込んできます。

みちのく優良開業物件

こういった、勝ち組開業には必須の超優良物件が、みちのくグループであれば手に入れることが出来ます。

よく若い先生から質問されます。
「どうやってイオンとかに入れるのですか?しかもめちゃ高いですよね??」

人気の大手ショッピングセンターなどは、実は計画の段階で既に入るテナントが決まってしまっているんです。
つまり、オープンの2年以上前からなんです!
そしてこういったお話は、全て大手の業者たちによって押さえられてしまし、なかなか先生方のところにまでは来ないのが実情です。

ですが、みちのくグループには、全国のこういったショッピングセンターやテナントを含めた開業向きの案件がどんどん来ています。
当グループでは、先生方の希望に合わせて色々な物件での分院長トレーニングや、グループ加盟での開業を用意しています。

何かあった時に、みちのくグループのバックアップがある状態で開業の勉強ができる…こんな安心のシステムが、みちのくグループの人気の理由です。

その3 「全国各地のみちのくネットワーク」

北は北海道から、南は鹿児島までの全国展開のネットワーク

またみちのくグループの一番の強みでもある『全国各地のみちのくネットワーク』

北は北海道から、南は鹿児島までの全国展開のネットワークがあるからこそ、先生方が将来開業を予定しているエリアや、地元、住みたい土地などの希望に柔軟に対応できます。

『しっかり稼ぎたいから住む場所なんてどこでもいい!!』というガツガツ系の先生には、とっておきの特選物件もあります。

地方のショッピングセンター物件などは、いまだに一日100人を超える患者さんが来てくれます。
そしてそういった物件こそが、みちのくグループが一番得意としている開業スタイルであり、コネクションは最強です!!

全国各地のみちのくネットワーク お気軽にお問い合わせください
ページ上部へ戻る